FC2ブログ
プロフィール

Cross Border

Author:Cross Border

日本の小売の海外向けネット販売がもっと身近になり、当たり前の事になる・・・。
少しでもそのお役に立てる様な情報をお届けできればと思っています。

Jzool.com
という海外向けネットショップ運営の経験を生かして、
Jzool.comマーケットプレイス
という海外向けECモールを運営しています。

月額920円からのJzool.comイージーマーケットというエントリーモデルのコースも始めました。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外販売の消費税の扱い

 

海外販売を行なっている場合の、消費税が還付される仕組みついて説明します。


まず、事業者が納付する消費税の計算は基本的には、

①課税売上高にかかる消費税額 - ②課税仕入にかかる消費税額 = ③納税額

になるかと思います。

通常、国内向けに販売する場合は、①-②がマイナスになるケースは無いかと思います。


しかし、海外に販売するケースの場合、
消費税を海外顧客に請求する事はしない為、①が免税(税率ゼロ)となり、②の課税仕入れにかかる税額を控除しきれず③がマイナスになるケースがあります。

その場合、消費税の還付金が発生します。


国内向け、海外向けの両方を行なっている事業者の場合も考え方は同様です。

②の課税仕入れのどれが海外販売にかかわるかは考慮する必要は無く、
①の受取った消費税(仮受消費税)と、②の仮払消費税の差額で決まります。

国内向け販売が多い場合は、消費税還付とまでは行かないかもしれませんが、納税額or消費税は控除されるという事になります。



より詳しい情報は、JETROの
www.jetro.go.jp/world/japan/qa/export_10/04A-000914
www.jetro.go.jp/world/japan/qa/export_01/04A-011045
www.jetro.go.jp/world/japan/qa/export_03/04J-120102

や国税庁の
www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6551.htm


が参考になると思います。



海外販売を始める際は、契約している税理士さんへご相談される事をお勧めします。







スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。