FC2ブログ
プロフィール

Cross Border

Author:Cross Border

日本の小売の海外向けネット販売がもっと身近になり、当たり前の事になる・・・。
少しでもそのお役に立てる様な情報をお届けできればと思っています。

Jzool.com
という海外向けネットショップ運営の経験を生かして、
Jzool.comマーケットプレイス
という海外向けECモールを運営しています。

月額920円からのJzool.comイージーマーケットというエントリーモデルのコースも始めました。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EMS出荷ラベルの印刷について 『Jzool.com国際郵便オンライン印刷』を開始

 

海外販売で商品を出荷する際に必要な出荷書類ですが、EMSの場合はこれまで7連複写の出荷ラベル形式が主流でした。

複写式の出荷ラベルの為、おおくの海外向けネットショップは、手書きか、もしくはドットインパクトプリンターによる印刷で出荷されているケースが多かったように思います。

日本郵便の「国際郵便マイページサービス」を利用すれば、複写式のラベルでは無く、家庭用のレーザープリンタ か、 インクジェットプリンタで印刷可能なラベルが使用可能ですが、海外向けネットショップの場合、通常、毎回販売先が違い、その度に出荷先を入力する必要があるため、現実的には利用が難しいという問題がありました。

海外販売の敷居を高くしていた出荷作業をより簡単にするサービスとして、弊社の海外向けECモールでは、2013年1月31日より『Jzool.com国際郵便オンライン印刷』を開始致します。


『Jzool.com国際郵便オンライン印刷』では、海外のカスタマーからの注文情報(配送先住所、氏名、購入商品、価格、配送方法など)や販売者情報等が、日本郵便の国際郵便システムとWEB APIによるインターフェイス連携をすることにより、出荷ラベルや税関通知書などの海外出荷に必要な書類がオンラインで自動作成されるようになります。

出荷書類がオンラインで自動作成される事により、オーダー情報をラベルに記入(転記)する手間が省略され、出荷作業がかなり楽になるかと思います。

Jzool.com国際郵便オンライン印刷』で当初印刷可能な出荷方法は、日本郵便のEMSラベルはもちろんですが、
国際eパケットの出荷ラベルも印刷可能です。


SAL(小型包装物)の書留付の配送方法での印刷も今後開発予定ですので、しばらくお待ち頂ければと思います。


海外への出荷方法の比較は
こちら


スポンサーサイト
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。