FC2ブログ
プロフィール

Cross Border

Author:Cross Border

日本の小売の海外向けネット販売がもっと身近になり、当たり前の事になる・・・。
少しでもそのお役に立てる様な情報をお届けできればと思っています。

Jzool.com
という海外向けネットショップ運営の経験を生かして、
Jzool.comマーケットプレイス
という海外向けECモールを運営しています。

月額920円からのJzool.comイージーマーケットというエントリーモデルのコースも始めました。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自社サイトを立ち上げるか、海外向けECモールへ出店するか。

 


海外向けにネット販売をスタートさせるには、大きく分けて2つの方法があります。

1つは、「自社サイトを立ちあげる」、もう1つは「海外向けECモールへ出店する」になるかと思います。

それぞれメリット・デメリットがある為、自社の状況や戦略に沿って選択する事が必要です。

海外販売の方法
のブログ記事にも、ネット販売以外の方法も含めてお勧めの海外販売ステップが纏めてありますので、こちらもご覧頂ければと思います。

さて、本題に戻ります。

メリット・デメリットですが、
「自社サイトの立ち上げ」もいろいろな方法がありますし、「海外向けECモール」もモールによって各々特徴があり、一概に比較する事は難しいですが、
おおまかに比較するとこんな感じでは無いでしょうか。

メリットデメリット
自社サイト
立上げ
ページ内容等、コンテンツ編集の自由度が高い。
販売開始後のランニングコストを抑えられる。
ECサイト立上げの費用、時間がかかる。
決済、配送、翻訳など自力で用意する必要がある。
集客を自力で全部する必要がある。
海外向けECモール
へ出店
決済手段などが予め用意されている。
翻訳サービスが付属している場合がある。
顧客対応を代行してくれるサービスがある場合がある。
初期費用があまりかからないので、低コストで参入出来る。
すぐに海外販売が開始できる。
出店料や販売手数料などが必要になる。
ページ内容等の大幅な変更は制限される場合が多い。
顧客情報の一部が開示されない場合がある。

自社のネット販売・システム構築力・海外経験などの経験・スキルや、取り扱い商品の海外でのブランド力、初期投資可能な予算額など、それぞれの立場によってメリット、デメリットの見方も変わってくるかと思いますが、

海外でのブランド力が既にあり、十分な経験・スキルを持った人材が社内にいる場合を除いて、海外向けECモールへの出店からまずは始めてみるのが、低コスト/低リスクで第一の選択肢になるのではないでしょうか。







スポンサーサイト
コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。